Q.新規申込と契約書の書き方を教えてください

9月5日現在の申込書~契約書の書き方をご紹介します

ステップ1.グーグルフォームを記入する

次のグーグルフォームを入力します

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSehpqtj-bMyEOvfnxoeXjeOW5OLPbFLAWJD5Tg0-NIRZ9o8Jg/viewform

※シティデベロッパー先着無料枠は1000名です

ステップ2.振り込む

グーグルフォームに記載のとおり、次の銀行口座へ費用を振り込みます。

1台の場合、税込み送料込み57000円です。

GMOあおぞらネット銀行
法人営業部支店
普通1161985
NANOOU株式会社

ステップ3.振り込み明細をスクリーンショット撮影

「振り込み明細」をスマートフォンで撮影するか、もしくはスクリーンショット画像を残します。

間違いなく振り込んだことが確認できるよう、振込元と振込先の名前が分かる形で撮影します。

以下は住信SBIネット銀行の場合の例です。

ステップ4.メールを送る

「振り込み明細」となる画像スクリーンショット、スマートフォン撮影画像を添付して、次のアドレスへ送信します

mas@nanoou.com

メール例
タイトル:振込明細 渡辺亮平
本文:渡辺亮平(xxxxx@xxx.com) よろしくお願いします

返事は特に来ませんので、次の契約書を待ちましょう

ステップ5.契約書を確認する

数日程度で、アメリカから契約書がメールで届きます。

DocuSignという電子契約書です

メールが届いたら「REVIEW DOCUMENT」をタップ

アプリ版を起動するよう求められますが、面倒なので「Sign With Mobile Browser」をタップしてそのまま続行します

「始めましょう」をタップ

これ以降は「→」ボタンをタップすれば、入力が必要な空欄へ自動的に飛ぶようになっていますぜひ活用しましょう

まず今日の日付を入力します

名前を入力します(例:Ryohei Watanabe)

すべてのページの右下に「イニシャルのサイン欄」があるので、タップして入力します

あらかじめ表示されている字で「Sign」をタップしてもよいですし、万が一イニシャルが誤っているなどしたら、自分で手書きサインをして「Sign]をタップしてもOKです

イニシャルは一度サインしてしまえばタップのみでOKです。サインが加わります

 

7ページ目の上は名前を入力します(例:Ryohei Watanabe)

続いて住所を入力します。

入力欄が小さいため、正直あまり欄の区別を意識せずとも、すべての住所を入力さえすれば大丈夫です。
住所が特定できる形であれば適当に省略してもOKです(建物名を省略して部屋番号のみにするなど)

※申込時に英語住所を入力したことがあるはずです。同じものを使用すればOKです
※住所を英語に変換するにはこのサイトが便利です

上から

  • 名前を入力
  • サインを入力(次の画面で説明します)
  • 名前を入力
  • 「City Developer」と入力
    します

サイン入力画面では、名前を入力すれば自動的にサインを生成してくれます。かっこいいです

最後まで入力し、問題がなければ「やりました」で次へ進みます

パスワード入力などは、無視して「閉じる」でOKです
DocuSignサイト上に文書のコピーを保存したいなら、パスワードを入れて「申し込む」をタップましょう。

あとはアメリカ側で不備が無いかチェックし、問題なければアメリカ側でサインされ、契約書が返送されてきます。

ここまで行えば、バーチャルマイニングの受け付けも完了しています。

バーチャルマイニングとは?

購入したホットスポット端末の製造~お届けまで最大1ヶ月程度かかります。
届くまでヘリウムコイン収益が受け取れないのは酷なので、アメリカ側で「マイニングしている」とみなして報酬を付与してくれます。これがバーチャルマイニングです

 


以上で作業は完了です。お疲れさませいた。

あとは2~3週間でホットスポット端末が届くのを楽しみに待ちましょう。

ホットスポット端末が届いたあとに必要な作業は、別の記事でご紹介いたします。